■生命保険の種類カテゴリの記事一覧
共済


[スポンサードリンク]

共済 [生命保険の種類]

共済とは、同じ会社に働く人や、同じ地域に住む人などによって構成される組合員がお金を出し合って行う生命保険に近い事業です。成り立ちが生命保険とは異なるため、保険とは呼びませんが、実際の中身は保険です。一般的な生命保険会社は利益を追求していますが、共済は利益を求めていないため、掛け金(生命保険で言う保険料)が安い傾向にあります。

生命保険は金融庁が監督しており、保険業法によってい制度が定められていますが、共済の場合は、共済によって異なる省庁の監督下、法令に則って運営されています。加入者は多く、国民共済、JA共済、全労済、都道府県民共済、CO・OP共済などが有名です。

共済と生命保険の言葉の違い

法令が違うこともあり、使われる言葉も異なります。加入者が払う定期的に払う料金は、生命保険では保険料と呼ぶのに対し、共済では共済金と呼びます。保障が必要になったときに支払われる料金は、生命保険では保険金と呼ぶのに対し、共済では共済掛金と呼びます。余った金額を加入者に返金してくれる料金を生命保険では配当金と呼ぶのに対し、共済では割戻金と呼びます。言葉は違いますが、内容は同じです。

■共済掛金(保険料)

共済掛金は、利益を求めていないこともあって生命保険の保険料に比べて安い傾向にあります。また、共済では年齢によって共済掛金が変わらないことが多いのが大きな特徴です。生命保険では年齢が高くなるにつれて高くなるのが基本です。
メリットが多くは見えますが、若いうちは共済掛金(保険料)が割高になることもあります。
(年齢に応じて共済掛金を変更している共済もあります。)

また、毎年の決算後には、割戻金として余った金額を加入者に還元してくれます。共済にもよりますが、それなりに戻ってくる場合が多いです。

■保障内容

少ない予算でできるだけ多くの人を救うようにしているので、商品は少なくシンプルにしています。
生命保険会社が用意しているような多彩なプランはありませんが、シンプルです。
保険料も安いですが、保障額も低く、高いプランはあまりありません。希望している保障を得られるのであれば契約する価値はあります。最低限の保障は共済でまかない、不足する分は一般の生命保険で補うといった組み合わせて契約するのも一つの手だと思います。

■加入条件

共済保険は特定の組織に加入している組合員だけが加入できます。県民共済はその県に住んでいれば加入することができます。こくみん共済は、出資金(1000円以上)を支払って全労済の組合員になることで加入できるようになります。




前の1件 | - 生命保険の種類 自分で選ぶ生命保険