[スポンサードリンク]

しつこい生命保険の断り方(友人や親戚から勧誘を受けた場合) [選び方]

見ず知らずの生命保険営業から生命保険の勧誘を受けた場合は、親、兄弟、親戚、友人が生命保険営業をやっていると言って断ればいいですが、親、兄弟、親戚、友人、ご近所さんなど、付き合いのある方から加入したくない生命保険の勧誘をうけた場合は断り方も少しやっかいです。

友人やご近所さんであれば、親戚がが生命保険の営業をやっていると言ってしまえばいいでしょう。

親戚からセールスを受けた場合の断り方は難しいですね。家族の状況をしっているので、親が生命保険の営業をやっているとも言えないです。

結婚しているのであれば妻(または夫)の親戚の保険に入ってるというのも良いと思います。生命保険はそっちで良いから介護保険や医療保険に加入してくれという話になるかもしれませんが。

途中解約すると損する保険に入ってるので保険を変えられないというのは、一つの方法です。具体的にどんな保険に入っているか聞かれるかもしれませんが。

外資系の保険会社から誘われた場合は、「外資系の保険会社は心配なので入りたくない。」と言うは良いと思います。(自分がそう思っているかどうかは置いておいて)
日経の保険会社から誘われた場合は・・・。

友人にしても親戚にしても、それでもしつこく勧誘してくる場合は関係を切るしかありません。きっぱり断ってるのにしつこく勧誘してくる時点で関係を続ける価値がある関係ではありません。そうは言っても、その友人や親戚も、ノルマへの圧力で少しおかしくなっているかもしれませんので、少し距離を置くだけでも良いかもしれませんが。

本当に大事な関係であれば、その営業手法がいかに間違っているか、商品にどんな問題あるのか、その生命保険会社や商品の評判などを教えてあげて、目を覚ましてあげるようにしてみてください。

あとは、保険の話をするためだけに会う場は設けないほうが良いでしょう。その場合は、なぜ勧誘されている生命保険に加入したくないのかしっかり知識を持っておくことが重要です。自分の加入したい保険の選び方を学び、生命保険が必要かどうかの判断も自分自身でしっかり持っておいてください。




nice!(0) 

nice! 0