[スポンサードリンク]

外資系生命保険会社は大丈夫? [選び方]

年齢が高い人ほど外資系生命保険は抵抗があるかもしれませんが、親会社は世界的な金融会社だったりある程度信頼できるところが多いので、基本的には大丈夫です。

ただ、大丈夫と言っても金融危機のときには親会社の経営が大きく傾いたのも事実です。どんなに大きな会社でも必ず大丈夫とは言えません。それは外資系生命保険会社だからということではなく、国内の生命保険会社でも同じことです。

ちなみに、これまで日本での経営破綻した保険会社は全て国内生命保険会社です。そして外資系生命保険会社が救済しています。外資だから危ない、国内だから安全とは言えません。いずれにしても、シェアの少ないところは国内、外資に関わらず避けたほうが無難です。

外資系生命保険会社が経営破綻ってことはなかなか無いとは思いますが、日本でシェアを伸ばせない外資系生命保険会社は日本から撤退する可能性があります。撤退する場合もどこかの生命保険会社が引き取ってもらうことになりますが、たらい回しのようにされるのは好ましくないですね。

金融危機をきっかけに日本から撤退することとなった外資系生命保険会社(AIGスター生命など)もありますが、撤退の理由はそれだけではありません。シェアが伸びないことにより採算が合わないことだったり、少子高齢化による市場そのものの縮小など、日本という市場に魅力を感じなくなって撤退する企業もあります。

逆に、日本で積極的に展開しているプルデンシャルは、高齢者が増えることによる年金保険需要に期待しているようです。




nice!(0) 

nice! 0