[スポンサードリンク]

外資系生命保険と国内生命保険の違い [選び方]

外資系生命保険は、1973年から日本初の外資系保険会社としてアリコジャパンが販売を開始しています。外資系生命保険と国内生命保険には商品や販売方法など様々な点で違いがあります。国内生命保険だは生保レディと呼ばれる営業ウーマンが会社のパッケージ商品を販売するのに対し、外資系生命保険では、ライフプランナーやファイナンシャルプランナーと呼ばれるコンサルタントが、お客様毎にカスタマイズした商品を販売しています。

ライフプランナーは、年収や家族構成などから最適な保険料で最適な保障を提案してくれます。最適なプランを一緒にに考えたうえで契約するので、保険加入者の満足度は高く、解約立は低い傾向にあります。

国内生命保険は、生保レディーと呼ばれる女性の販売員がお昼休みに企業を回ったり、家族や親戚、友人などのツテを使って契約を伸ばしてきましたが、保険の内容を理解せずに入っている人も多く、いざ必要なときに保険料が出なかったり、保険の更新でどんどん保険料が高くなってしまったりなどで納得できていない人も多くいました。断り方に悩んでいる人も多いです。そんな人には特に外外資系生命保険はとても人気です。

外資系と聞くと一般的には冷たいイメージがありますが、外資系保険会社が顧客向けに提供しているサービスはそのイメージと違いがあります。ただ、外資系保険会社の社員は成果主義の厳しい環境で働いています。

外資系保険会社だから良いとか、国内生命保険だから良いと言うわけではないです。
生命保険の選び方




nice!(0) 

nice! 0