[スポンサードリンク]

外資系生命保険会社一覧 [選び方]

外資系の生命保険会社の一覧です。

■アイエヌジー生命
オランダ発祥で世界40カ国に展開する総合金融機関「INGグループ」の外資系生命保険会社。 日本で始めて変額年金保険を発売した。法人向け事業保険を販売している。販売はアイエヌジー生命が委託契約している代理店が行っている。

■アクサ生命保険株式会社
フランスを拠点とする世界最大級の保険・金融会社AXA(アクサ)グループの外資系生命保険会社。世界56カ国に展開している。

■アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社 )
アフラックはアメリカンファミリー生命保険会社の略称。アメリカンファミリー生命保険会社は1955年にアメリカで設立された保険会社で、現在は日本とアメリカで保険商品を販売している。がん保険を最初に始めた会社であり、現在もがん保険は人気がある。

■アメリカンホーム保険会社
アメリカンホーム保険会社はAIGグループの損害保険会社。アメリカンファミリー保険(アフラック)とは関係ない。

■アリコジャパン
日本における外資系生命保険会社の第1号。日本で30年以上の歴史を持ち、約5000名のコンサルタント、10000店の保険代理店で展開している。

■AIGスター生命保険(エーアイジースター生命保険)
経営破綻した千代田生命保険相互会社を買収したAIGグループの外資系生命保険会社だったが、現在はプルデンシャル・ファイナンシャルによって買収されている。

■ジブラルタ生命
経営破綻した協栄生命保険を買収したプルデンシャル・ファイナンシャル・グループの外資系生命保険会社。協栄生命が提携していた教職員団体、商工会などの顧客を引き継いでいる。日本全国に約500の支部があり、6,000人のライフプラン・アドバイザーと呼ばれる営業を抱える。

■スカンディア生命
スカンディア・インシュアランス・カンパニー・リミテッドのグループ会社として1996年に設立されたが、
2004年に東京海上日動火災保険が買収しており、東京海上日動フィナンシャル生命保険株式会社となっている。

■ソニー生命
もともと、プルデンシャルがソニーと組んで立ち上げたソニープルデンシャル生命という保険会社だったが、現在はソニーの100%子会社。よって現在は外資系生命保険会社ではないが、中身は外資系生命保険会社の特色を持つため、よく外資系生命保険会社として扱われる。ライフプランナーと呼ばれる営業社員が販売を行う外資系スタイル。

■チューリッヒ保険
チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ グループの外資系生命保険会社。 ガン保険が中心。

■ハートフォード生命保険
アメリカの生命保険会社。現在は新規販売を中止している。

■ピーシーエー生命保険
オリコ生命を買収して作った英国プルーデンシャルグループの外資系生命保険会社。貯蓄性の高い保険商品を販売してきたが、事業見直しから現在は新規契約を休止し、既存契約の維持だけを行っている。現在のところ、支払い余力は十分にある。

■プルデンシャル生命保険株式会社
プルデンシャル・ファイナンシャルグループの外資系生命保険会社。ライフプランナーによる質の高いコンサルティングセールスを行っており、解約率が低く、契約者の満足度は高い。
イギリスの金融グループであるプルーデンシャルとは関係ない。

■マニュライフ生命保険株式会社
カナダの金融会社マニュライフファイナンシャルグループの外資系生命保険会社。2000年に経営破綻した第百生命のを買収している。


nice!(0) 

nice! 0