[スポンサードリンク]

生命保険の保険料と保証額の平均相場はいくら? [選び方]

生命保険料いくらくらいの保険料でいくらくらいの保証額が必要かは収入や、家庭状況によって異なりますが、平均的な相場価格は生命保険文化センターが公表しています。それによると、男性の平均年間保険料は28.6万円ほどで、月額にすると2.3万円払っていることになります。

年代によっても保険料の平均額は異なり、20代では約26万円、30代では約38万円、40代では約56万円になります。

掛け捨ての生命保険や貯蓄型の生命保険も全て合わさっているので、これより高い人もいれば安い人もいます。同じ家庭環境でも、考え方によって入っている保険も全く異なります。(専業主婦に生命保険は不要と考える家庭もあれば、必要と考える家庭もあるなど。)
それらを総合した場合の平均なので、参考程度と考えればよいでしょう。

保険料の支払額は年齢が高く、年収が多い人ほど高くなる傾向にあります。平均すると日本人は月収の0.9割くらいを生命保険に当てています。
死亡補償額は2000万円が平均です。

このデータからは掛け捨ての保険料の相場などの細かい情報が分かるわけではありませんが、細かい情報は取れませんが、高い保険料を払っている人がたくさんいる、掛け捨てではなく貯蓄型の保険を契約している人がたくさんいる、というのはなんとなく分かると思います。

いくらが適切とは言えませんが、貯蓄性がある生命保険に加入するにしてもあまり高額な保険は必要無いと思います。貯蓄しているのは基本的に老後の蓄えとなります。満期になったとき払った額より増えて戻ってくるからと言って、老後の蓄えのために多くの保険を払ってしまうのはもったいないです。
老後のため、死亡したときのために今の生活が圧迫されるような保険料は適性とは言えません。




nice!(0) 

nice! 0